読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキバランチ

タイトルがお店名の場合は初回訪問、「@」表記の場合は2回目以降訪問の記事です

海鮮丼@寿司バル R/Q

ご近所になったので久々来てみたら海鮮丼が増えていた。前はおまかせ丼とにぎり寿司だけだったんだけど。

f:id:kai3desu:20160601130239j:image

というわけで注文。

f:id:kai3desu:20160601130200j:image

昭和通りの快海ほどの爆盛りではないけど、ネタが新鮮でおいしい。湯島近辺の海鮮丼はまずここかなー。

ただしランチは月水金の隔日営業なので注意です。


担々麺(スープあり)@阿吽

いつもついつい汁なしばかりを頼んでしまうんだけど、場所が近くなって訪れやすくなったことも手伝って、汁ありのオーソドックス担々麺を辛さ3で注文。

f:id:kai3desu:20160602113559j:image

麺は担々麺用に少し細めの麺が使われています。

f:id:kai3desu:20160602113618j:image

スープのおかげでまろやかさが出て食べやすくはなった一方で、汁無しの麺にまとわりつくしびれ感はかなりおとなしめ。あのほどよいしびれ感が好みな人は汁無しのほうがいいかなあ。次は汁無しの辛さ上げる方向で注文します。

しかしほんとに距離が近づいてしまった結果、すぐに阿吽をランチに選んでしまいそうで怖いな。

湯島の名前を冠したラーメン店、その名も「湯島らーめん」

3期突入!

ということで活動エリアを湯島中心に移した第1弾は、地名を関したお店から。昌平橋通りを妻恋坂から湯島方向に行ったところにある家庭的なラーメンのお店です。

f:id:kai3desu:20160531133822j:image

メニューはラーメン中心ながらかなり多彩。辛い系のメニューが気になる。

f:id:kai3desu:20160531133837j:image

お昼のセットはラーメンにライス、そしてなぜかベーコンオムレツがついて750円。

f:id:kai3desu:20160531134012j:image

ラーメンはもう何というか普通すぎるほど普通の醤油ラーメン。オーソドックス is これというかんじ。

f:id:kai3desu:20160531134056j:image

お昼のピークを避ければ空いているので、さくっとてっとりばやくごはんを食べたいときのお店かな。なぜかついてくるベーコンオムレツもあるのでおなかを満たしたいときにはいいかも。

辛い系のメニューは気になるので今度試してみます。

オーソドックスな味を守る伝統的な味噌ラーメンのお店「えぞ菊 御徒町店」

御徒町駅に向かう途中の山手線ガード下にあるラーメン屋。味噌ラーメンとしてはかなりの老舗ですね。

f:id:kai3desu:20160524004745j:image

メニューは味噌のほかに塩と醤油も。えぞ菊食べるのなんて学生以来なので覚えてないけど味噌以外もあるんだな……。

f:id:kai3desu:20160524004746j:image

とはいえ、えぞ菊と言えばやはり味噌のイメージが強いのでやっぱり味噌を注文。

f:id:kai3desu:20160524004743j:image

もりだくさんのもやしの下に中太の麺が隠れています。


f:id:kai3desu:20160524004749j:image

味としてはほんとにもう味噌ラーメンだなというオーソドックスな味。サービスエリアで食べるよりは若干いいかなくらいの普通感。でも、こういう普通の味噌ラーメンがたまに食べたくなったりするんですよね。

【飲みモード】ぬる燗と貝が看板メニューな日本酒のお店「潮音」

昭和通りの地下にできた日本酒のお店。どうやら同じ昭和通りにある「快海」の姉妹店らしい。以前はクラフトビールのお店だったけどそれは御徒町に移転したみたいで、ほぼほぼ居抜きで新しいお店がオープンしました。

f:id:kai3desu:20160524004812j:image

お店の看板を見るとぬる燗が売りらしい。

f:id:kai3desu:20160524004820j:image

メニューは貝が中心。どの貝も刺身なら追加費用なしで、なめろうや酢の物など手を加えることでちょっとずつ料金がプラスになるという仕組み。

f:id:kai3desu:20160524004809j:image

日本酒も割といいところそろっています。

f:id:kai3desu:20160524004807j:image

貝以外にも刺身など海鮮ものを中心としたメニューが注文できます。

f:id:kai3desu:20160524004805j:image

日本酒はこんなかんじで、とっくりと別に燗酒用の容器が用意されており、ちょっとぬるくなったらこの容器で温度を調節できるという凝った仕組み。


f:id:kai3desu:20160524004818j:image

こちらは貝のなめろう。新鮮な貝なのでとてもおいしく日本酒に合う。


f:id:kai3desu:20160524004814j:image

お酒のラインアップや貝メインというコンセプトはいいのですが、オープンした直後だったせいか、お店の人がひたすら常連客ばっかり相手にしていたのがちょっと居心地悪く残念なところ。こういうのはある程度日が経つと変わるか、いつまで経っても常連ばっかり相手にする店なのかで空気が変わるので、また落ち着いたら足を運んで判断してみたいと思います。

広島ラーメンが食べられる「らあめん 広」

昭和通りの奥にあるラーメン屋。昭和通りをわたってCoCo壱番屋の角を昭和通りと垂直に進んだところにあります。

f:id:kai3desu:20160524004601j:image

お店の名前もそういうことなのか、ここは広島ラーメンが食べられるお店。初めてのお店はまずオーソドックスなメニューから、ということで、今回は普通のらあめんを注文。

f:id:kai3desu:20160524004604j:image

水はテーブルでセルフ方式。いちいち汲みに行ったり店員さんに頼むの面倒なのでこの方式はありがたい。

f:id:kai3desu:20160524004559j:image

こちらが広島ラーメン。割とシンプルなたたずまい。

f:id:kai3desu:20160524004606j:image

麺は中太でぷりぷりしていて心地よい食感。肝心のスープは醤油豚骨系で、こってりしてるけどそこまでしつこくないバランス感あり。

f:id:kai3desu:20160524121950j:image

広島ラーメンにそんななじみがないんだけど普通においしい。近くにあったら割と足を運ぶかな。知人によればここのつけ麺が辛くてうまいらしいのでまた今度試しに行きます。

いわゆる「二郎系」のこってりラーメン「忍者」

昭和通りに新しくできたラーメン店。場所は「ごっつ」と「九」の間くらい。

f:id:kai3desu:20160524004842j:image

注文は安心の券売機。店外にあります。

f:id:kai3desu:20160524004846j:image

最初はオーソドックスにということで普通のラーメン。マシマシは遠慮して普通にしてみました。

f:id:kai3desu:20160524004841j:image

具材の下には極太麺がどっさりと。

f:id:kai3desu:20160524004839j:image

汁を吸いすぎないよう、麺を上にひっくり返してからいただきます。

f:id:kai3desu:20160524004844j:image

味としては二郎系なんだけど二郎ほど濃くはなく割とあっさり食べやすい一方個性もちょっと薄めかな。とはいえ昭和通りだと二郎系は少ないので、たまにこういうどっしりラーメン食べたい時には良いかなと思います。