読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキバランチ

タイトルがお店名の場合は初回訪問、「@」表記の場合は2回目以降訪問の記事です

オリジナルメニューの「じゃんがらタンメン」が注文できる秋葉原エキナカ「東京じゃんがら」

ラーメン

 秋葉原エキナカの味噌ラーメン「味噌屋 与六」が閉店し、代わりに入ったじゃんがららーめん。与六結構好きなラーメン屋だったのに残念。

f:id:kai3desu:20151203115056j:plain

 券売機は引き続きタッチパネル。たぶんこれ与六と同じの使ってるな。

f:id:kai3desu:20151203115132j:plain

このお店はエキナカ限定で「じゃんがらタンメン」なるオリジナルメニューがあるのでこちらを試してみることに。

f:id:kai3desu:20151203115143j:plain

 こちらがじゃんがらタンメン。みためはタンメンというよりチャンポンっぽさを感じるのはピンク色のかまぼこのせいでしょうか。

f:id:kai3desu:20151203120050j:plain

 麺はラーメンっぽい中太で、太めの麺を使うちゃんぽんとはここがちょっと違い。

f:id:kai3desu:20151203120059j:plain

肝心の味はいまいちというか、じゃんがらは基本的に味が薄めで具の味が濃いから成立しているのですが、野菜のように薄味の具が中心のタンメンではじゃんがらベースのスープだと薄すぎて野菜の旨味を受け止め切れていない感じ。野菜中心のラーメンならもうちょっと味を濃厚にしないといまいちだなーというのが正直な感想でした。

そもそもじゃんがらは駅を出ても食べられるので、秋葉原で働く人としてはわざわざここで食べなくても感が強い。どちらかといえば駅から外にでない人向けのお店なのかもしれないけれど、与六のほうがよかったというのが正直な感想ですはい。