読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキバランチ

タイトルがお店名の場合は初回訪問、「@」表記の場合は2回目以降訪問の記事です

秋葉原きっての老舗鰻屋「明神下 神田川」で激ウマ鰻重ランチを食べてきた

秋葉原に勤務する身として、一度は訪れてみたかった神田川、念願叶ってついに足を運ぶことができました。といってもタイトルの通りランチですが。

f:id:kai3desu:20160303195517j:image

場所は名前の通り神田明神下交差点の近く、昌平橋通りに面したお店。秋葉原中央通りと平行に駅より反対側の大通り、とえばわかるかな。

夜はお店の前に黒塗りの車が何台も駐車されているような超高級料亭、食べログランクもTOP1000入りというようなお店なのですが、ランチであれば夜ほどではない価格で鰻がいただけます。ただし予約がないと当日は満席のことが多いので、必ず事前に電話しておきましょう。

f:id:kai3desu:20160303200112j:image

予約して通された部屋は広々。こんな部屋のごはん、ランチとはいえいくらするんだ……。

f:id:kai3desu:20160303200817j:image

f:id:kai3desu:20160303200831j:image

f:id:kai3desu:20160303200850j:image

おそるおそる開いたランチメニュー。5000円超えも覚悟はしていたものの、実際には高くても4300円ということでほっとひといき。

f:id:kai3desu:20160303201008j:image

ほんとにいい鰻屋さんはさばくところから始まるので時間がかかるのはじゅうじゅう承知、ということで中庭謎を眺めつつ時が過ぎゆくのを待ちます。

f:id:kai3desu:20160303201144j:image

主役の前に出てきたう巻き。鰻の卵焼き包みですな。鰻ももちろんうまいけど、卵のふんわり口の中でとろける感と、ほどよい甘さが絶妙。これはメインも期待できる……! ちなみにこの日は4人で訪れたので、う巻きも4等分していただきました。

f:id:kai3desu:20160303201250j:image

続いての登場はうざく。こちらは切り身の関係上きゅうりだけいただきました。きゅうりうまー。

f:id:kai3desu:20160303201551j:image

そして来ました本日の主役!

f:id:kai3desu:20160303201705j:image

身は無駄に厚すぎずほどよいバランス。味は甘めではなく醤油がしっかり効いていてとても好みの味。脂もほどよい塩梅で、口の中でほどよく溶けるものの鰻の食感もしっかりある。うむ、これはレベル高いな。

f:id:kai3desu:20160304122359j:image

付け合わせの漬物もさすがのクオリティで、味も歯ごたえも抜群。きゅうりの漬物うまかったなあ。

f:id:kai3desu:20160304123242j:image

ランチで4300円は確かに高いけど、鰻がそもそも高騰していて2000円や3000円は当たり前、という状況において、4300円でこのおいしさなら納得。ランチの予約も何週間前ということはなく数日前に電話すれば充分なので、鰻好きには是非試していただきたい逸品です。